【蕨個展会場案内2】1階ホールその2(白キジほか初期作品)

開催中の、埼玉県蕨市立歴史民俗資料館での個展会場の様子をお伝えしていきます。

ホール内、「ユメとバルーン」シリーズの反対側の壁には、「白キジ男の春夏秋冬」シリーズほか比較的初期の作品を飾っています。

IMG_4822

この写真(ホール突き当りを背に入口を見たアングル)では右側のほう。

名称未設定-1

連作「白キジ男の春夏秋冬」に登場する「白キジ」は、僕がはじめてきりえで作ったキャラクターで、 一人暮らしだったり、片思いをしていたり、当時の僕の心象が色濃く反映されています。
なんで白いキジかというと、当時通ってた大学のマスコットがそれだったから。(もともと学内誌の表紙を頼まれたのがきりえをはじめたきっかけでした)

技術はさておき、今では出せない味がある、僕にとっては大切な作品です。

(つづく)

【DATA】
第37回特別展
高木亮きりえ展「風の景色」

会期:2018年2月24日(土)〜4月29日(日)
9:00~16:30(月曜日休館)

会場:蕨市立歴史民俗資料館
埼玉県蕨市中央5−17−22 →アクセス
TEL 048(432)2477

入場無料

※蕨市ホームページプレス(展覧会チラシがダウンロード出来ます)
第37回特別展「高木亮きりえ展 - 風の景色 -」(歴史民俗資料館)
>http://www.city.warabi.saitama.jp/hp/page000012100/hpg000012009.htm

 

【きりえ体験】
開催日時:3月3日(土)・4月14日(土)
第1回14:00〜
第2回15:00〜
各回定員8名
講師:高木亮(きりえ作家)
体験料:5oo円
対象:小学3年生以上
申し込み:2月10日〜
資料館(TEL 048(432)2477)へご連絡下さい

 

Pocket

2018-04-04 | Posted in お知らせ, 展示No Comments » 

関連記事

Comment





Comment