「ねこ切り絵」ってどんな本?6:新キャラ登場4〜もふもふリッチなノエルさん

Pocket

ねこ本にして4年ぶりのきりえ技法書となります新刊「ねこ切り絵」(誠文堂新光社刊)。

発売日(7/6)までちょっとずつ中身を紹介していきます。

6回めの今回も、新キャラ紹介が続きます。

この子は「ノエル」。

neko_noel

長毛種の子で、澄んだ青い目が印象的です。

黒い紙を切るばかりがきりえじゃないということで、こちらは白い紙ベースで作る作品になります。
耳、鼻、目や毛の流れ部分には裏から色紙を。瞳だけ別パーツを上から貼り付けて作ります。

若干これまでの子より工程は増えますが、切る難易度自体は(シャムや大ちゃんと較べても)それほど高くはありません。
ただフサフサの毛を表す細い穴はたくさんあります。もふもふは1日にしてならず(笑)根気よく切って欲しいです。

実は担当さん家にいる子がモデルです。本当は灰色ハチワレ模様の子だったのですが、作りやすさを考えテキストでは真っ白な子にさせていただきました。
気に入っていただけたら、担当さんが狂喜します(笑)

(つづく)

次回は「おうちの子だって作れます?」です。

ねこ切り絵: 切って飾って癒される、暮らしを彩る猫、ねこ、ネコ
高木 亮
誠文堂新光社
売り上げランキング: 19,762
Pocket

2016-06-25 | Posted in お知らせ, 出版No Comments » 

関連記事

Comment





Comment