「ねこ切り絵」ってどんな本?5:新キャラ登場3〜ともだちのねこ大五郎

ねこ本にして4年ぶりのきりえ技法書となります新刊「ねこ切り絵」(誠文堂新光社刊)。

発売日(7/6)までちょっとずつ中身を紹介していきます。

5回めの今回も、新キャラ紹介が続きます。

この子は「大五郎」。

neko_daigoro

飲みともだちのうちにいる子で、ヘソ天マスター。鼻の下の黒丸が何ともいえぬチャームポイントです。

いつも話を聞いていたので、キャラを増やすことになって真っ先に思い浮かんだのがこの子でした。
快く掲載許可をくださった大ちゃんママに感謝です。

アクティブな子には野生を感じさせる魅力が、大ちゃんみたくレイジーな子には、心許されてるような、飼い主さんをほっとさせる魅力があります。

大ちゃんに関しては、見た目も、やっていることも、ほぼ話に聞いているそのままを絵にしています。
開いたトランクの中にどっかり入った絵がテキストにあるのですが、旅行の準備をするたびにほんとにやってるそうです(笑)

技法的には先日紹介したシャムとおなじく、白抜きが多い形です。顔の部分に線の表現がいくつか入るのでシャムよりは若干難易度は高めです。

巻末に、飼い主さん提供の超イケメンな本人写真も載せていますので、そちらもぜひごらんください♪

(つづく)

次回は「新キャラ登場4~もふもふリッチなノエルさん」です。

ねこ切り絵: 切って飾って癒される、暮らしを彩る猫、ねこ、ネコ
高木 亮
誠文堂新光社
売り上げランキング: 51,604

Pocket

2016-06-23 | Posted in お知らせ, 出版No Comments » 

関連記事

Comment





Comment